読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃみにはましゃ路線を推奨・・ちょ~~個人的意見

 

遅ればせながら・・

 

エンディング良かった・・

あの子可愛かったし・・

タイトルからしてこうなるな・・って予感はありましたが・・

 

これ・・

 

子供が思春期の女の子だったら・・

こういう結末にはならないと思った・・

 

以前、伊坂幸太郎さんの小説で読んだ事あるし・・

貧乏な家庭に育てられた女の子が

裕福な実の親の家に行き・・

帰ってきてからいままで育ててくれた父親に

酷い事を言ったって・・

そんな感じの話が小説の合間に入っていて・・

「はぁ~^やるせないな・・」って思ったのを思い出した・・

 

この映画は心温まるお話になっていて良かった・・

映画や物語は救いがある方がいい・・

 

という事で・・

 

ましゃこと福山雅治さん

 

いまはこんなに洗練されたスターのオーラを醸し出す福山様ですが・・

 

これ・・持ってますよ・・わたしってば・・

 

いや~~もう・・初々しさ満点のましゃが・・

可愛いのなんのって・・

1969年2月6日生まれの46歳

長崎県長崎市出身。高校卒業後、地元で4か月のサラリーマン生活を経て18歳で上京

アルバイト生活をしながらも1988年に「アミューズ・10ムービーズオーディション」に合格。

アミューズに所属する。

 

  • アミューズのオーディションに応募し、結果の連絡がなかった(実際には最終選考に残ったことを伝える郵便が手違いで届いていなかった)ため落ちたと思い車でドライブをしていたところマフラーが脱落、修理しようとアパートに戻るとオーディションの連絡が電報で届き、慌ててオーディション会場に駆けつけ遅刻ながらも受けさせてもらえた。マフラーが故障したためオーディションを受けれたのは運命だったと自身のラジオ番組で語っている。

 

  • またアミューズ会長の大里洋吉が福山のラジオに出演した際、オーディションに福山が遅刻したことについて「遅刻するような時間にルーズな奴は芸能界に向いてないから要らない」と会わずに帰ろうとしたが周囲の女性スタッフ達が「どうしても会って欲しい」と訴えたことに「女の子達がそこまで言うからには何か持っている奴なのかも知れない」と考え会うことにした、と語っている。

 

福山雅治 - Wikipedia

より抜粋させて頂きました・・

 

と・・BirthDay やら エピソードやら・・

まぁ・・ちゃみよりゆのひょんに近いというか

ゆのひょんがましゃに似てると言う感じもしないこともありませんが・・

 

昨日のバンコクライブ・・ツベで拝見いたしました・・

ゆのひょんのソロ・・カッコ良かったです。

マイケルが乗り移りましたか?

というようなきれっきれのダンスに見惚れてしまいました。

さすが・・我らがユノ・・

そのパフォーマンスたるや・・

と・・ここまでにしておきます・・

私の文章能力ではユノヒョンの魅力の半分も語れないっす・・

 

ユノヒョンとちゃみの比較でよく挙げられますが・・

2人の性格、自己表現方法は全く違いますので、

2人で活動する時にはその相違性がよく混じり合っている感じが良いのかを思われ・・

 

ちゃみは「歌手」であるということが彼のアイデンティティを支える重要要素であると考えられますので・・

アイドルやら、タレントやら、俳優などこなしつつ・・

ベースは歌手として芸能活動をしていくのが良いかと・・

東方神起として・・と言うのがベストですが・・

時折、ソロも織り交ぜつつ・・

 

 

そんなこんなで

歌の表現方法は違うとしても・・

ましゃ路線がいいかと思うんですよ・・

どんなこんなぢゃ?

 

ましゃは、稀有なオールラウンダーでいらっしゃいますので・・

(職業 :  シンガーソングライター

          俳優

          ラジオDJ

          写真家

          音楽プロデューサー)

ってここまで欲張ることはないと思われますが・・

ちゃみもカメラマンの方にお写真教室をして頂いたり・・

なんといっても大学院で博士やら・・修士やら・・

お勉強しておられるので・・

もう、卒業されたのでしょうか?

 

あの強行スケジュールの中・・大学院にいつ行っていたんだろ?

でも、結局・・

10年後の事なんて誰もわからないです。

日本はやたら災害が多いし、

公害を垂れ流している中国はやたら強気だし、

北朝鮮やら、ロシアやら・・

アメリカは落ち目ムードが否めないし・・

ユーロに至ってはもはや、破たん寸前ですか?

 

こんな世界でアイドルの将来について語っている自分はなんて幸せなんでしょう・・しみじみ・・

 

何て言ったって、ビギストの皆様の勢いたるや・・

ソウル2泊3日およそ20万円がちゃっちゃとさばけるどころか

「はずれ」がでる始末。

「Catch me」ツアーで知り合ったお方は、一回のツアーに準備する金額は200万とおっしゃってましたわ。

「WITH」オーラスのチケットオークションでは破格の値段が飛び交っておりました。

ビギストに8口入会しているのに、ファンミーティングにはずれるとか・・

 

この裕福なビギストの皆様に支えられてこそ・・

では、10年後は?

やはり、若いファンの獲得が急務でしょう。

 

こなたに控えるカシオペア

韓国の女性にとって結婚は絶対であると聞きました。

人妻となってからアイドルの追っかけするのは考えられないって、

バスガイドさんがおっしゃっておりました・・

 

東方神起以外の韓流の事は全くわからないからなぁ・・

 

はぁ、まずは自分の10年後を心配するか・・

チャンミンに老後をみてもらえ~~」って怒られちゃうんだっけ。