読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答えを見つけた気がするし・・

アメブロに書く勇気はないから、こっちに書くことにします。

トンペンさんは反応が過激なので

自分は思っていることをちょこっと書くけど

怖くてすぐ削除しちゃいます。

炎上しても丁寧にコメントを返しているブロガーさん、

心から尊敬しています。

 (コメント欄が炎上しても、ひとつひとつのコメントに真摯な返答を読んでいると涙ぐましく感じます😢

コメント欄だけではなく、心無い直接的なメッセージもあるのではないかと心配になります

それを踏まえて、それでもblogを続けていく原動力はなんですか?

と、問うてみたいと思ったりしますが、その勇気はないです)


つい、先日もちゃみがボタンをはずした理由の件で

叩かれたブロガーさんの記事を読みました。

たった、あれだけの事でなんでそこまで盛り上がるのか?

東方神起のファンになって4年経ちますがさっぱり理解できません。

 

その攻撃の仕方がまた・・今時の小学生だってもうちょっとまともな日本語使えるのでは?と言いたくなるような・・

低レベルな悪口を並べ立てて・・

はっきり言って胸糞悪くなります。

あ、言っちゃった・・

 

思ったことを言いすぎてツイッター炎上させて、

即座にアカウントを削除した弱虫な私は自分を意見は書くまいとひたすら沈黙を通してまいりましたが・・

 

(あれは怖いです・・不特定多数の人たちに口汚い言葉でののしられる恐怖・・自分のPCが腐ってしまうのではないか?PCをハッキングされて家に火をつけられるんじゃないか?と思って震えがとまりませんでした。あの時は自分も悪かったので・・仕方ないんですけど・・)

 

この度、

「なぜ、二人しかいないのに相方の悪口を言いあうのか?」との問いになるほど~~^と思わせてくださる言葉・・記事に出会ったので書いて自分を納得させようと思いました。

 

はてなブログアメブロに比べるとトンペンさんが少ないですよね・・

大丈夫・・誰も読んでない・・

 

最近、FBで紹介されていたブログにハマって最初から読んでいますが、その記事の中に・・

 

「露骨な批判は脅威に感じているものに対してしてしまうもの・・」

と言う一文がありました。

なるほど~~

 

いつか収束するであろうと願っていたちゃみアンチが何気に過激になってきているのはそういうことなのか?

と、思うようにしました。

 

私はスパスタ落ちのちゃみペンです

f:id:chasyana:20150223210221j:plain

f:id:chasyana:20150223210228j:plain

震災でそれまで夢中になっていたお馬さんが続けられなくなってしまい、家でゴロゴロしていた私が出会った王子様です。

 

東方神起が5人組でいろいろあって2人になったらしいという事は知っていましたが、一時期に一つの事に夢中になる私にとってはニュースで見る程度でした。

 

それでネットで色々情報を集めてみると泥沼の争いが・・

これは・・凄い・・と思いました。

 

それと二人が再始動したこの曲のジャケット

f:id:chasyana:20150223210632j:plain

f:id:chasyana:20150223210648j:plain

DUOですよね?ユニットですよね?

なのに・・何この扱いは?

ちゃみは影の人ですか?

 

確かにゆのひょんとちゃみの認知度、人気、ブログの数・・

どれをとっても全く比較にならないことを知りました・・

 

それが・・

f:id:chasyana:20150223211133j:plain

このジャケットは私には衝撃でした・・

ビギ版ですが、こんな日がくるとは思ってなかったので・・

 

ちゃみを激しくバッシングしている人たちが

どういう人たちなのかわからないけれど、

その人たちにとって、ちゃみは「脅威」なのかも知れない・・

と、思う事にしました。

 

今まで取るに足らないと思っていたマンネは

着実に歩みを進めている・・

 

だけど、自分の予想ではちゃみはゆのひょんを超えることは

絶対にないと思います。

 

ちゃみはいつでもゆのひょんの背中を追っている・・

すぐ側に、目の前に目標とすべき人がいると言うのは

シアワセだし、ある意味楽ですね・・

その人のつけた足跡を追えばいいから・・

歌唱力を追及しているちゃみはアーティストとしてその道を追及していくと思われますが、

何分、あの事務所が彼の意向を100%承諾するとは思えないし・・

自分が納得できない仕事をしていかなきゃならないことも多々あるでしょう?

けれど、ゆのひょんという教科書がある限り

ちゃみは大きく道を外すことはないように思われます・・

 

ちゃみの幸せは

「スターになりたいとか、有名になりたいとかじゃなくて

自分で在り続けたいことではないだろうか?」

という言葉に全く同感です。

 

でも、ゆのひょんはちゃみが芸能活動を続けるにあたって

必要不可欠な人であると私には思えます。

 

大変なのは、ゆのひょんでしょう・・・

彼はいつもパイオニアであると思われます。

高い志を持ち、自分に妥協することなく突き進む・・

 

そうあることが当然であるような期待を誰からもされているような気がするし、

ご本人がそうである自分を希求しているように思えます。

 

私はゆのひょんを尊敬しています・・

 

ちゃみオンリだけど、いつでもゆのひょんにリスペクトしています・・

 

네이버 뉴스

ガーナに建つユンホ教育センター

f:id:chasyana:20150223212811j:plain

 

って、凄すぎます・・

 

こんな人の隣でやっていくのは大変だろな・・

がんばれ!!チャンミン

でも、ちゃみはきっと自分を見失うことなく

やっていけると思うな・・

そんなちゃみだから、ゆのひょんはちゃみを相棒として

認めているんじゃないかと思うんですよ・・

 

私が思うに二人はとてもいいと思います・・

 

だがしかし・・

兵役についてはまた別の思いがあります・・